一年を振り返り

読書 Add comments

ありきたりだが12月31日なので今年一年を振り返ってみることにする。
自分の中で今年一年のキーワードは「入隊」「司馬遼太郎」この二つである。


一つ目のキーワード「入隊」は言わずもがな、ビリーズブートキャンプのことである。
現在はワケあって除隊中であるが、復隊も間近である。
9月から約2ヶ月続けたところ、体重は減らないものの体脂肪率が24%から18%まで減った。CMの内容も嘘ではなかった。ピーク時には腹筋もうっすら割れていたし、贅肉がつかめた背中はすっきりしていた。効果絶大であった。ただひとつ体調を崩したことを除いて・・・。
きっと毎日続けたのがいけなかったのだろう・・・。来年からは、一日おきに週三日程度で少しずつ続けていこうと思う。
二つ目のキーワード「司馬遼太郎」は「坂の上の雲」という小説を読んだことである。明治の日清・日露戦争を描いた小説であるが、会戦の情景など非常に鮮明に描かれており面白かった。恥ずかしながらこの年になるまで、小説というものをほとんど読みきったことがない私にとって、今更ながら読書の楽しさを教えてくれた運命の一冊である。
そのほかにも今年は読書に開眼したように私なりに沢山の小説を読んだ。他人が見たら少ないと思うだろうが、上に書いたとおり、この年まで小説を読みきったことがないので・・・(恥)。27年生きてきて小説を読みたいと思ったことはなかったが、今は読んで見たい本が沢山ある。
以下が今年読んだ小説だ。

  • 山崎豊子:華麗なる一族(上・中・下巻)
  • 司馬遼太郎:坂の上の雲(1?8巻
  • 司馬遼太郎:燃えよ剣(上・下巻)
  • 司馬遼太郎:竜馬がゆく(1?3巻、現在進行中)

「華麗なる一族」はドラマの影響
「坂の上の雲」は読むべき本として上げられているから
「燃えよ剣」は鬼の副長「土方歳三」好きだから
「竜馬がゆく」は新撰組の対比として
といった理由で読んでいる。どれも非常に面白い。
今後は、明治維新後を描いた「 翔ぶが如く:司馬遼太郎」や、太平洋戦争を描いた「小説太平洋戦争:山岡荘八」でも読んでみようと思っている。これらの作品は現代の日本を語る上で重要な時代を描いているらしく、日本人として読んでおかなくてはいけない気がしているのである・・・。「宮本武蔵:吉川英治」も読んでみたい。

Similar Posts:

Comments are closed.

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン