DNSその後

BIND Add comments

先日instat.ne.jpに委任できないと書いたが、動的IP環境では自前にDNSを立てないのが一般的らしい。
最近ルートネームサーバも攻撃にあったようだし、リスクが多そうなので、やめる事にした。


ということで、instat.ne.jpにはMXレコードと、Aレコードを登録することにした。
一応メールのやり取りもできるようにしておきたいので、ddo.jpと違ってそれがinstat.ne.jpの利点かな。
DNSはinternetからの問い合わせは受け付けず、LAN上のマシンが名前解決するように立てておいた。前にも書いたとおり、プロバイダのDNSは遅いことが証明済みだからである。DNSキャッシュもバリバリ効くので、それなりに利点はある。
加えて、LAN上のマシンの名前を管理させようと思う。内向きなら、internetに被害は及ぼさないし、DNSの仕組みを少しは勉強できそうだ。
それにしても最近このブログの更新頻度が落ちてきている。
もともと頻繁に更新しているわけではないが、最近の多忙で、仕事から帰宅しても、寝るだけだからな・・・。
wikiも更新してないし。
明日から連休だけどスキーに行ってしまうのでまた更新できない・・・。
まいっか。

Similar Posts:

Comments are closed.

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン