PK戦は見たくない・・・

日本代表 Add comments

アジアカップ準々決勝。日本代表は昨年のW杯で苦汁を飲まされたオーストラリアとの対戦。W杯の時は初戦に負けたことで、そのままズルズルグループリーグ敗退(実際オーストラリアぐらいしか勝てる見込みがなかった)。その借りを返すときがやっときました。


前半はW杯の反省として、DFの中澤・阿部を中心にビドゥカを完璧に押さえ込み、オーストラリアには決定的なシーンを与えませんでした。
それに対して攻撃陣は、ボールキープがままならず、チャンスを作る事ができず、両チームともに得点0で前半を終わります。
後半は、立ち上がりこそ日本にチャンスがいくつかありましたが、ビドゥカに変わってキューウェルが出たときに試合が動きました。キューウェルのコーナーキックからゴール前の混戦のなかオーストラリアに先制を許してしまいます。
昨年の悪夢再来かと思いましたが、その直後日本は、中村のセンタリングから巻が落として、高原の切り替えしからシューーート!!すばらしいゴールでした。相手のDFがクリアミスしてくれたから、取れたけど、ボールを奪ってからの高原のフェイクはすばらしかった。
その後、オーストラリアのボランチの退場により、流れは一気に日本に傾きました。オーストラリアは攻撃をキューウェル一人に任せて、自陣にボールを運ばれた際には全員で守るというなんとも崩しにくい作戦・・・・。日本代表は遠藤・中村を中心に再三攻撃を仕掛けるものの、1点が取れず・・・延長戦終了。
うーーん。こういう展開の時は、得てしてPKで勝つのは一人退場したチームなんだよな・・・。日本代表が負けそうで、PK戦の初めの方は見れませんでした。PK戦になってピッチを後にしたオシム監督の気持ちもなんとなくわかります。このPKで負けるとおそらくW杯最終予選でオーストラリアとあったときに引きずって勝てない・・・と思いました。
他のチャンネルを回してみるものの・・・やはり展開が気になり見てみると、両チームとも2本蹴り終えて2?0で日本が有利です。いったい何があったのでしょう?しばらく見ていると「川口が2本セーブ」と聞いてビックリ!!・・・前回大会のヨルダン戦のPKでもそうでしたが、入れられて当然のPKにおいて、彼はどうしてそんなに止められるのでしょう・・・!!PKの神だな・・・。2?0になったことでそれなりの余裕を持って見てましたが、最後は中澤が決めて勝利ーーーーー!!高原だけ外したけど、彼がいなかったらPK戦にすらなっていなかったのでヨシ。
これで日本代表は3連覇に向けてまた一つ駒を進めました。
でも見てる側から言うと、オーストラリアが一人退場した後、後半終了もしくは延長戦までに、1点取って欲しかった。今回はたまたま勝てたけど、PK戦はどっちに転ぶかわからないから怖くて見れません。それに、オシム監督も以前言っていた
「PKになった時点で引き分け。PKはトーナメントの次に進出するチームを決めるもの」
ホントにそうだと思う。だから昨年の雪辱は果たせていないのです、次の機会はW杯アジア地区予選以降ですが、今度こそ雪辱を果たしてぶっちぎりで勝利してもらいたいものです。
それにしても、相手のオーストラリアはキューウェルを中心にシタタカにファウルをもらいに来てました。キューウェルはチャンピオンズリーグに出場し優勝した時のリバプールの選手だし、そのへんは日本も見習うべきだと思う。いつも言われて、お国柄かもしれないけど、日本は素直すぎる。でも世界のトップクラスになれば、ペナルティエリア内もしくはその付近では、攻撃のもうひとつの選択肢として「ファウルをもらってFK・PKを取る」という位置づけだし、実際現在のコンパクトサッカーでは、流れからのゴールは個人技がないと取れない、個人技のない日本は、セットプレーとって行かないとチャンスを増やせませんから・・・。その辺はオーストラリアの方が1枚上手だった。キューウェルは狙いすぎで、交代後早々にイエロー貰ってたけど・・・(笑)。

Similar Posts:

Comments are closed.

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン