アルツ磐梯に行ってきました。(5日目)

2007-2008 Add comments

またまた、アルツ磐梯に行ってきました。
今回もフリースタイルレッスンを申し込んでいます。今度はジブを中心に・・・。
以前ボックスに入ったことはあるものの、50&50でほぼ間違いなくツルッとマグロになってしまいます。
どうも板を横にしたときにエッジを立てる癖がついていて、それが直らないのです。20年もスキーやっているとそういうもんですよね・・・。
しかし、今後レールやその上でトリックするために克服しなくてはいけません。
今回のレッスンも講師一人とマンツーマンです。


場所は前回と同様にライダーズカフェ前の5mのボックスです。
2本ほどまっすぐ入った後、いざロックスライドの練習開始です。
エッジを立てないように意識しつつ、ボックスイン・・・ツルッ!!・・・、またしてもマグロです。
講師曰く、エッジが立っているのもあるけど、体が遅れていて、ボックスイン時に両足に加重できていないようです。
ナルホド!・・・。
何本かこなすうちにだんだんスライド時間が長くなっていきます。エッジは立っていますが。そして、雪がひどいため小休止した後、初めて5mのボックスを通すことができました。ですがいまだにエッジは立っています。体は遅れないようになりましたけど・・・。
これは、数こなすしかありませんね。最終的にはボックスインの瞬間を除いてエッジをフラットにすることができました。レッスン終了です。あとは自主連あるのみ!!でも板をフラットにしてボックスを通すとき、なんとも不思議な感覚でした。
ところでレッスン終了時に衝撃的な事件がありました。先々週私も練習していたテーブルでボードの女の子がアプローチしていくのを見ていると、リップでまくられ硬ーいテーブルに背中から落ちていました。リップからテイクオフするときになんとなくわかりましたが、その後15分ほどしても起き上がってきません。やはりキッカーは度胸ですな・・・。
アプローチのスピードにびびらない度胸
テイクオフでまくられないよう体が遅れない度胸
この2点守っていれば大惨事は防げるはずです。あとはキッカーが大きくなったときにどこからチョッカレばよいかわかれば、大惨事はきっと起こらないはず・・・。たぶん。

Similar Posts:

Comments are closed.

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン