日本快勝?!

日本代表 Add comments

アジアカップグループリーグ第3戦。
日本は今大会で勢いに乗っている地元ベトナムとの対戦です。
初戦でUAEに勝ったり、平均年齢が低いのにすばやくなかなか器用なサッカーをしてきましたが、所詮はカクシタです。
日本は鈴木啓太のオウンゴールを含む4?1で見事グループリーグ1位通過です。


前半立ち上がりで鈴木啓太がオウンゴールしたときはどうなることかと思ったが、その直後、巻の胸ゴールで同点に追いつく。さらに前半終了付近で、ガチャピン(遠藤)のすばらしいフリーキックが、ベトナムゴールに突き刺さり、勝ち越し。2?1
後半もその勢いで、中盤の細かいパス回しから俊介の丁寧な右足でのシュートが決まり3?1(これはお手本のようなシュートだった)。さらにコーナーキックから巻の2点目となるヘディングによるシュートで、4?1。
まさに快勝ですな。
ただ、残念なのは立ち上がりでのオウンゴール・・・。W杯、W杯最終予選で同じことが起こったら、たとえカクシタといえど、勝てたかどうかわかりません。特にW杯では絶対にやってはいけない・・・。オシム監督曰く「われわれはブラジルではない」と言っていましたが、オウンゴールのようなミスはいかなるゲームでも絶対に起こしてはいけない。
それにしても、相手のベトナムは守備にこそ穴はあったものの、あの暑さの中で速攻は早いし、日本が目指している細かいパス回しのサッカーをしてくるし、五輪予選では要注意です。
それからオシム語録をもうひとつ。
「ボールはいくら走らせても疲れない」
要は「細かくパスを回して、相手のスタミナを消耗させろ」ということですが、後半からはそれができていて、危ないシーンを見せず、安心してみていられた。
次は決勝トーナメント。相手はどこか決まっていないが、1位通過によりこのままベトナムに残れるのは大きい。

Similar Posts:

Comments are closed.

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン