退屈な作品かも・・・。

読書 Add comments

「竜馬がゆく」の後として、「世に棲む日日」を読んでいるわけですが、なんとも退屈な作品です。
登場人物の吉田松陰がいわゆる「サムライ」とか「武士」といった人間だからかもしれませんが、文章が硬いのです。しかも会話中心の作品でなく、事象を綴っていく作品。
少し苦手です。
とりあえず、1巻を読みました。もう少しで、吉田松陰が「安政の大獄」で滅され、高杉晋作が登場してくると思われるので、それに期待ですね。

Similar Posts:

Comments are closed.

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン