EURO2008 オランダ vs フランス

2008EURO Add comments

今日は金曜日。注目のグループCなので、2試合とも見ようと思いました。
ですが、1週間の疲れがあるのか、イタリア?ルーマニアが始まったときすでに相当眠い・・・。年取ったな??。そんなこんなで、WOWOWはつけていたもののイタリア?ルーマニア戦?オランダ?フランスの前半途中まで記憶がありませんでした。
気づいたときにはオランダが1?0の状態。オレンジ軍団・・・ほんとに強い。


フランスも第1節を引き分けているだけにシャカリキになって攻めています。ですがアンリの調子がいまいちよくありません。再三チャンスを作るものの、シュートでフカしていました。
オランダは、守備を固めるかと思えば、ガンガン前線を入れ替えていきます。この辺り流石バステンですね。攻撃は最大の防御なのでしょうね。といっても抜群の攻撃力があるからこそできる芸当。前節は出場できなかったロッペンがやはり凄いです。ロッペンの早い駆け上がりからセンタリング、ファンペルシが決めて2点目。いやー速攻すげーな!!
この後、ようやくアンリが1点をもぎ取ります。このシュートは華麗だったな。グラウンドのセンタリングを左足で少しコース変えて・・・。これでわからなくなってきた。
と思ったのもつかの間、ロッペンが一人で持ち込み、ほとんどシュートコースがないところから、いとも簡単にもぎ取ります。これで3?1。
その後は、フランスの攻勢が続くのですが、トップのアネルカ、アンリの調子がやはり悪い。リベリーはがんばっていたのだが・・・。やはりラテンの血は乗ってこないとダメですね。
一方オランダは、相変わらず切れ味鋭い速攻を中心に貪欲に得点を狙いに行きます。結局ロスタイムにスナイデルのミドルが決まり、終わってみれば4?1。何なのでしょう?オランダ強すぎでない?
ロッペン、ファンペルシ、スナイデル、若い選手がものすごい攻撃力を持っています。これをとめられる国が果たしているのでしょうか?ここまで見てきた感じだと、守備に自身を持っているチームはことごとくうまくいっていないところを見ると、決勝トーナメントは点取り合戦なのか?
死のグループCでしたが、これでオランダはあっさり1位通過です。ルーマニア、フランス、イタリアは次節の結果により可能性を残していますが、フランス?イタリア戦はとんでもないことになりそうです。ルーマニアはオランダと対戦するわけですが、まあ無理でしょうな・・・。オランダが多少メンバーを落とす可能性もありますが、何せバステンですから、引き分けるつもりは微塵もないでしょうな・・・。
ところで、大会大本命のドイツがクロアチアに負けたようです。個人的にはドイツのサッカーは典型的な組織的サッカーなので、見ていないのですが、準々決勝でポルトガルとあたるとイヤだな・・・。

Similar Posts:

Comments are closed.

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン