EURO2008 準決勝 スペイン vs ロシア

2008EURO Add comments

オランダの敗退により、すっかりEURO熱も冷めてしまった感があるのですが、一応プレイスタイルが気に入っているスペインがまだ残っています。
今日は4:00に起きたものの、ロシア勝ちそう・・・とか思って、5:00まで布団の中でうずくまっていました。
せっかくだから見るか・・・って感じでおもむろにテレビをつけると、現時点で得点王のビジャがいません、どうしたのでしょう?後半10分で1?0でスペインが勝っていました。
なかなか良い試合をしていそうです。


ビジャはどうやら負傷により、セスクと交代したようです。前半がどんな試合だったか知りませんが、スペインの怒涛の攻撃が続いていました。
トーレスは裏に良く飛び出しますが、後一歩と言うところで、ゴールを割ることができません。しかしスペインの中盤のパスは本当に華麗です。セスク、シャビ、イニエスタ、これぞスペインサッカーといった感じで気持ちよくパスが回せています。
一方ロシアは、オランダを破った破竹の攻撃もうそのようにだんまり、スペインの猛攻を防ぐのに必死です。やっぱ実力以上のものがオランダ戦で出ていたのでしょうな・・・。
後半30分過ぎ、トーレスが後一歩で決めれそう・・・なタイミングで、交代です。シャビ→シャビ、トーレス→グイサと2枚を変えてきました。あー、トーレスなんだかぱっとしません。いい感じで裏をついていたのですがね・・・。
この交代が項をそうしたのか、グイサ、シルバと立て続けに得点です。しかも流れの中から美しいパスを経て・・・。すばらしい!!これが見たかったのだよ。結局3?0で勝利。グループリーグもそうでしたが、ロシアにとっては苦手なチームだったのかもしれません。
これで、スペインは24年ぶりの決勝進出。
よかったーーーー。ドイツ vs ロシアなんてカードだったら、ホントに見なかったよ、決勝戦。
一応、大会直前に予想していた、3チームの中から1つ残ったし、上出来かな。月曜日の朝が楽しみになってきました。あの華麗なパスサッカーでドイツをケチョンケチョンにしてやってくれ、ポルトガルの無念を晴らすかのように・・・。
ところで、今日の試合は、岡田日本代表監督が解説入りしていました。チョット突っ込みたくなる一幕があったので、記しておく。
それは、後半も20分ほどのころ。両チームのシュートの本数をアナウンサーが伝えているときでした。
アナ:「ロシアはここまで枠内シュートが0本」
それを聞いた岡田監督は次の様にコメントしていました。
岡田:「それでは、勝てるわけがない」
確かにそうだろう。だが、お前の口からその発言が出ることに驚きだ!!日本代表に同じ言葉を掛けているのだろうか?あんな不甲斐ない日本代表。得点力がないとか言われているが、私は違うと思います。攻撃意欲そのものがないのだと思います。そんな日本代表を率いる岡田監督からそんな発言が出るなんて・・・、だったらなぜあんなに攻撃意欲がないのでしょう?
少し腹が立ちました。お前が言うなよ!!ってね。

Similar Posts:

Comments are closed.

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン