初めてのソースインストール/perl

Linux Add comments

perlなんて最初っからLinuxに入ってますし、バージョンなどあまり気にしないし・・・、意外に機会がないですよね。

でも今回は違いました、MovableType5のRC1が出たのですが、今回からMySQL5が必須。会社でテスト環境で使ってたのはMySQL4。当然中のデータはMySQL4でないと動かないアプリのものもあったり・・・。perlからの接続モジュールはMySQL4用にコンパイルされているわけで・・・。

ってことでPerlのソースインストールをすることになりました。意外にも初です。それでもいままで幾多のソースインストールを経験してきたので、なんてことなかったです。いつぞのImageMagickのときのほうがよっぽどヤバかった・・・。

やったことは

以下手順を簡単に示しておきます。

## perlインストール
# cd /usr/local/src
# wget http://ftp.funet.fi/pub/CPAN/src/perl-5.8.9.tar.gz
# gzip -dc perl-5.8.9.tar.gz | tar xf -
# cd perl-5.8.9
# ./Configure -des -Dprefix=/usr/local/perl5.8.9
# make
# make test
# make install

## Perlのパスを追加
# cd /usr/local
# ln -s perl5.8.9 perl
# export PATH=/usr/local/perl/bin:$PATH

## DBD::mysqlインストール
# cd /usr/local/src
# wget http://www.cpan.org/modules/by-module/DBD/DBD-mysql-4.013.tar.gz
# gzip -dc DBD-mysql-4.013.tar.gz | tar xf -
# cd DBD-mysql-4.013
# perl Makefile.PL \
--mysql_config=/usr/local/mysql5/bin/mysql_config \
--testhost=localhost \
--testport=13306 \
--testsocket=/tmp/mysql.sock
# make
# make test
# make install

本来、DBD::mysqlはCPANで入れるのでしょうが、今回はすでにMySQLが二つ動いています。ひとつは3306ポートで起動のMySQL4、もうひとつは13306ポートで起動のMySQL5。CPANで入れようとすると3306用になってしまうので、仕方なくソースで入れました。それ以外の解決策はあるかもしれませんが・・・。

それでもApacheとセットで入れる必要があるPHPよりは全然ましですね。

Similar Posts:

Comments are closed.

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン